自己紹介■Profile

吉村はんな (Hanna Yoshimura

 

●活動について●

埼玉県川越市在住。 グラフィックデザイナーとイラストレーターの経験と、アメリカ(オレゴン州)留学で学んだ水彩画の技法を生かした独自の水彩画教室を主宰しています。

絵を通し四季を味わい、楽しく絵を描き、また、元気の出るお教室作りを目指して奮闘中!

現在の生徒数は、5歳~89歳の方約60名。 教室で、子供たちから戴いた「元気」を、年配の方に届け、年配の方々の「やさしさ、心遣いの精神」を、子供たちに伝えたいと思っています。

 

 

●略歴●

東京都中野区生まれ。都立工芸高校デザイン科、桑沢デザイン研究所卒。 中学生~20代にかけて長田正之助先生より油絵、木炭デッサンを習う。

1978年よりフリーのグラフィックデザイナー、イラストレーター、生活雑貨プランナーとして活躍。

キャラクター商品ロンリーリトルフォックス(株・コクヨ)、幼児、保育者向けの書籍(世界文化社 ワンダーランド、プリプリ、フレーベル館月刊えほん)などを手がける。

1993年オレゴン州、ユージンのレーン・コミュニテイカレッジに留学し、美術を専攻。

修了後もオレゴンで絵を描き、欧米の水彩画家のワークショップ(ジャン:カンズ、アニータ・ピッチ、ロン・ランセン、マーガレット・コー、ネルソン・サンデグレン等・・・を多数受講、現在に至る。

 

著書に環境問題をテーマにした、子供向け絵本「ちきゅうにやさしいえほん」(世界文化社刊)、オレゴンの生活を紹介した「オレゴン四季物語」(駿台耀耀社刊)がある。また、癒しの場としての庭作りの本「サンクチャリーガーデン」(米国・サイモン&シュースター社刊)のイラストをてがける。